WIDEHORIZON

世界の歴史を外国人の目線からお届け

海外の反応・歴史「アメリカの独立戦争当時、ヨーロッパ諸国はどんな反応をしたの?」

f:id:shikiyu:20180310235839j:plain

 

アメリカの独立戦争当時、ヨーロッパ諸国はどんな反応をしたの?

 

1, 海外の反応

  私の記憶が正しければ、フランスよりも規模が小さいにも関わらずスペインとネザーランドはこの革命を支持したはずだ。

2, 海外の反応

スペインは本当にフランスよりも支持してくれた。 

3, 海外の反応

 スペインは北アメリカを舞台とした最後の主要で重大な戦いである、1781年のヨークタウン包囲戦でも援助を行ってくれた。

ロシャンボー伯爵と呼ばれる、北アメリカにて自国の軍隊を指揮していたフランスの将軍ジャン・バプティスト・ドナティエン・ド・ヴィムールは、植民地開拓援助のためにフランス提督に任命されたフランソワ・ジョセフ・ポール・ド・グラスに対し、ヨークの戦いを確立するためにカリブ海での資金を増額してほしいという訴えを発した。

スペインの諜報員であるフランシスコ・サーべドラ・サングロニの援助によって、銀貨50万ペソを越える要求額は24時間以内にキューバハバナにて増額された。当時では10万ポンドほどであった。

4, 海外の反応

 フランスは、フランスでアメリカ外交官を務めるB.フランクリンに感謝していた。フランスは重労働のほとんどを生じさせた。

それはほとんど船がないということや、1国だけでアメリカよりもさらに強力な軍事力を持つという事でもあったんだ。

フランスの外交的な影響は、世界の他国に対し、歴の浅い共和党を認識させるきっかけとなった。スペインはフランスの同盟国として、大ブリテン島へ宣戦布告し、備品や軍需品をアメリカの軍隊へと供給した。

ネザーランドはイギリス海軍を恐れるために、なんとか自国を売り込もうとせずにはいられなかった。

ヨーロッパ諸国とアメリカとの中立国であり、主要な出資国であるエカチェリーナ2世体制下のロシアは戦争中に起き、最終的には合法的で結集された手段として、ヨーロッパ諸国の間でアメリカ群への支援を提供した。

彼女の政治的・軍事的地位はイギリスをより大きなヨーロッパの勢力からさらに孤立させるものであり、結果としてアメリカの独立への勝利の道を切り開くこととなったらしい。

5, 海外の反応

フランスとスペインはこれを、イギリスの対する敵討ちの絶好の機会であり、イギリス国王に一言言わせる機会にさえなりうると考えた。

そのため独立を支持する側としてこの戦争に参加することとなった。スペインは特にジブラルタルの奪還を望み、包囲攻撃の状況下にもその思惑は続いていた。

プロイセンフレデリックは英国が向かってくるだろうと考えていた(というのも彼は未だに7年戦争中の単独講和条約交渉について憤っていたからだね)。

ロシアははじめは傭兵供給の可能性をイギリスと交渉していたものの、最後は中立的立場として、中立国の主唱国となり、かつてのフランスやスペインのような立場で戦争に臨んだ。 

6, 海外の反応

ジェイ・ウィニクによる大変革は、実際に、特に帝政ロシアへの影響はもちろん、フランスやフランス革命への影響をもたらした独立国としてのアメリカはどのように繁栄するのかというかなり良質な疑問を投げかけている。 

 

7, 海外の反応

 アメリカ独立戦争は事実上、それまでの歴史上で最も大きな世界戦争の直後におこった。ヨーロッパの見解からすると、基本的にはその大戦争に付随して話がより大きくなり、予期せぬ結果となったというものであるようだ。

イギリスとプロイセンポルトガルの同盟国は、フランスとスペインと神聖ローマ帝国の同盟を覆した。

どちらの立場も元のグループに基づいて同盟を結び、国外に所有地を持っていたが、その戦争はどちらの立場にも、多くの人々のしを持って財政上の広がりを残し、大幅な領地変更をもたらした。

この戦争に続き、イギリスという勝者はその最大の植民地に反乱が起こる時を見た。もちろん紛争の敗者は反逆者への融資をはじめ、領地からの切り離しを促して、そしてまたイギリスに加え新たなライバル国の創造を行なった。

他国はまだ国の再建に明け暮れていたが、イギリスに対抗する勢力への指示以上のことはできなかった。

しかしそれでも、支持者の先人であるということは大きな道理だったんだ。