WIDEHORIZON

世界の歴史を外国人の目線からお届け

なぜ当時の日本政府は三国同盟「ベルリン条約」に合意したのか

f:id:shikiyu:20180227224231j:plain

なぜ当時の日本政府は三国同盟「ベルリン条約」に合意したのか

 

1, 海外の反応

合意の前、日本はアメリカと争いがあったわけでもなく、ナチスと特別な関係があったわけでもない。ではなぜ3国同盟に同意したのか?日本は確かに天然資源を求めて領土の拡大を狙っていたが、アメリカも重要な国だった筈だが。日本が第二次世界大戦の中心になってしまった理由とは?

 

2, 海外の反応

1. 日本は東南アジア諸国を占領しようという計画があった。そのほとんどがヨーロッパ諸国の植民地で、すでにヨーロッパとドイツは開戦中だ。 そこで日本は当時アメリカの植民地であったフィリピンを取ろうと考えた。ドイツはいつかアメリカを手綱に取る事は必要だと考えていた為、そこでこの同盟の第一人者となった。 この2つを考えると、アメリカに対抗し同盟を結ぶことは、日独相互間の利害関係の一致となったのだ。

 

3, 海外の反応

以前、日本は国民を養うための十分な領土を持ち、アメリカと貿易をしていた。日本が他国を侵略し始めた時、アメリカは貴重品や重要資源の供給をストップしてしまった。なので、資源の為に同盟の枢軸国となった。

 

4, 海外の反応

主に、石油の為。もしドイツがロシアを取ればルーマニアコーカサス地方の石油をドイツを通じて得られる。

 

5, 海外の反応

日本はこの条約の合意にドイツと連携し旧ソ連を侵略する事を期待していたが、独ソ不可侵条約が締結された後、ドイツはロシアとの戦争の意思はないとみなした。これを踏まえ日本はソ連と不可侵条約を結び、東南アジア諸国へと目を向けることとなった。

 

6, 海外の反応

第2次世界大戦のおおきな“たられば”のひとつはヒトラーの人種差別主義が日本との信頼関係と連携を邪魔したのではないか?ということ。中国は歴史的に領土紛争がロシアとの間で今日まで少なからず起こってきた。日本は歴史的な敵を支配したがっていた、そして日本陸軍はそれをやりたがった。実際、陸軍と海軍の間で大きな国内論争があったが、-陸軍が勝ち、日本は陸・海共同で戦争へと身と投じていった。

 

 

7, 海外の反応

むしろはっきりと防衛同盟を交渉しながら、戦争に強大な援軍を期待していたことは奇妙だ。 あて馬:日本は独ソ不可侵協定すら知らされてなかったのでは。または、間もなくソ連とドイツの間で不可侵協定が締結されるということなどを。ドイツにとって不可侵条約の事を伝えることは何の障害にもならない。よって違うだろう。

 

8, 海外の反応

もしアメリカがもっと第2次世界大戦に参戦により意見していたら、日本は条約締結しなかったのではないか。これは私の推測にすぎないのだけど。

 

9, 海外の反応

一部の人が言うように、日本は本当に資源の為の戦争だった。アメリカは日本に最後通告をした。「アジア諸国への侵略をやめろ。さもなくば資源の供給をストップする」と。日本はもちろん断った。1930年代の終わりから40年代にかけて石油や鉄屑などは出港停止された。日本は天然資源をもっていないから、それは大変な損害だった。戦争が差し迫った状況になり、それはヨーロッパ諸国でも同様だった。石油はとても重要だから。そのため日本も巻き込まれてしまった。アメリカは基本的に直接宣戦布告していない。そして日本は3国同盟に同意した。

 

 

10, 海外の反応

それは防衛的同盟であった為、日本はきっかけとするためその協定を破らなければならなかった。日本は他の相互防衛条約と同様に戦争の為条約を結んだ。 日本は奇襲攻撃をした歴史がある(日露戦争など)。作戦は敵を鑑みて立てるが、日本は“もし、奇襲攻撃をかけるとしたら、アメリカも視野に入れている”と考えていた。協定はそれを防止するに役立った。もしかしたらアメリカがドイツと戦争を始めていたかもしれない。

 

reddit.com/r/history/comments/7wyrxq/why_did_japan_sign_the_tripartite_act_what_was/?st=JE2ZE0PS&sh=4cc732a5